朝日新聞社とエイベックスがタッグを組んだ、“認知症について学んで、備える”共同プロジェクトがスタート!

PICK UP

【お知らせ】リバイバルダンスの無料提供期間を5月末まで延長決定!

 2019年11月末、認知症など高齢期の病気に備えるための運動支援プログラムとして、エイベックス・エンタテインメントと朝日新聞社は「リバイバルライフ」プロジェクトを立ち上げました。

 同年12月4日付の朝日新聞朝刊(全国版)にて「シニア生き生き リバイバルダンス」の記事を掲載し、広く告知しました。合わせて、朝日新聞社が提供する認知症を理解するための出張講座「認知症フレンドリー講座」(有料)を導入いただければ、2020年3月末までリバイバルダンスは無料で提供するとご案内をしました。体験者の声を6月末発売予定のDVD教材に反映させることが目的でした。

 おかげさまで多くの反響をいただき、各地で開催が予定されていたのですが、このところの新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期や休止される方々が相次いでいます。コロナウイルスの影響は今後どのような時期に終息するかは定かではありませんが、両社は5月末までリバイバルダンスの無料提供期間を延長し、延期や休止を決めた方々を含め改めて体験できる機会をご提供させていただきます。

エイベックス・エインタテインメント
朝日新聞社
認知症フレンドリー講座の詳しい情報はこちら