朝日新聞社とエイベックスがタッグを組んだ、“認知症について学んで、備える”共同プロジェクトがスタート!

エンタテインメントで
健康維持を楽しく、かっこよく

脳もカラダも思い出も、
楽しく再生させる

Revival Life 〜もっと自由に、人生を楽しもう〜

朝日新聞社とエイベックス

朝日新聞社とエイベックスがタッグを組み、社会課題を解決するために、“認知症について学んで、備える”共同プロジェクト
『リバイバル ライフ』プロジェクト
がスタート!

「Revival Life」は、社会課題である
“認知症について学んで、備える”プロジェクト

超高齢化が急激に進むなか、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者となる2025年、高齢者の5人に1人が認知症になるといわれています。元気で健康な年齢のうちから認知症について正しく理解し、事前に備えることは国民的課題となっています。
ところが、認知症に対しては多くの誤解や偏見があり、高齢者の不安を増大させています。誰もが認知症になり得る時代にあって、認知症になっても安心して暮らせる社会をつくらなければなりませんが、そのためには、正しい知識と心構えが必要です。
また、数々の高齢者向けヘルスケアプログラムが世に出ていますが、楽しみながら継続的に取り組めるエンターテインメント性が不足しているといえます。健康であると同時にからだを気遣うことが「義務や我慢」ではなく、楽しく、かっこよくあることが、人生に「活力や感動」を与えてくれることにつながると私たちは考えています。

「Revival Life」はこんなプログラムを提供します!

認知症をテーマにした高齢者向けのヘルスケアプログラムです。認知症を「自分事」とし、正しい理解を得ることを目的とした朝日新聞社の「認知症フレンドリー講座」と、昭和・平成のヒット曲に合わせて楽しく踊って認知症などに備えるエイベックス・エンタテインメントのダンスプログラム「リバイバル ダンス(Revival Dance)」の両コンテンツを組み合わせた高齢者向けのダンスワークショップを提供します。

認知症を学ぶ

認知症を「自分ごと」として理解する
(提供:朝日新聞社)

朝日新聞社では、創刊140周年記念事業として社会啓発のための「認知症フレンドリープロジェクト」を展開しており、認知症とともに生きる人やそのご家族など「当事者」を主体とした記事掲載やイベントを重ねてきました。そのなかで開発した「認知症フレンドリー講座」は、認知症体験VRや本人インタビューなどを活用した「体験型講座」として企業、自治体、学校などの研修や授業に採り入れられ、好評を得ています。
◆公式サイトは以下のバナーをクリック!

認知症に備える

楽しく運動して認知症に備える
(提供:エイベックス)

「Revival Dance」は、エイベックス所属の人気ダンス&ボーカルユニット・TRFのメンバー SAM、ETSU、CHIHARUが考案しました。ダンスをしながらシェイプアップ効果が期待できるエクササイズプログラム「イージー・ドゥ・ダンササイズ」と、高齢者でも気軽に取り組める「ダレデモダンス」のノウハウを組み合わせて開発。専門医などによる監修のもと、50年〜90年代のヒットソングをメドレーでつなぎ、高齢者でも無理なく、楽しく、かっこよく踊れるダンスプログラムを目指しています。来春にはDVDの発売も予定しています。

人生を、
素晴らしく豊かなものへ

リバイバルダンスは、企業や自治体などの依頼を受けて出張開催する有料の「認知症フレンドリー講座」と組み合わせて、2020年3月まで無料で実施します(インストラクターの交通費については実費請求させていただきます)。
団体受講が前提です。提供は1月中旬ごろからとなります。
現在、ワークショップ単独のお申し込みは受け付けておりません。
今後、体験されたみなさんのご意見を参考にさせていただきながら、プログラムの精度をさらに高めていきたいと考えております。